何かうまくいかなかった後に、してはいけないこと3つ

Pocket

わたしには、頑張ったけれど、『結果』が出なかった経験が、たーーーくさん、あります。

うまくいかなかった方が多いんではないかな?

悔しかったことが山ほどあるけれど、

振り返ってみれば、当然だなと思うことがほとんどで。そして、今はそういう結果が与えられて、結果的には本当に良かったと思っています。

さて。でも。

せっかく長い間かけてた時間。そのために努力してきた事実。

うまくいかなかった結果は、どうしたって受け入れ難い

 

悔しかった思いは、どうせなら次につなげたいですよね。あきらめない限り。

 

ずるずる引きずって、トラウマになったりしたら、挑戦したこと自体、元も子もなくなってしまう。

私はこの間違いを、あちこちの挑戦のあとにしていました。なので、悔しかった思いを次につなげることができなかったことが多い。。

お恥ずかしながら。

そういう気持ちの片付け方を、私は自分なりにこうでないか、こうしたらいいかと、試行錯誤してやってきました。最近になってやっと理解できるようになったので、ここに記しておきます。

また新たな発見もあるかもしれません。その時は書き加えたいと思います。

受験、試験、オーディション、コンクールetc.で結果が出なかった!そのあとは

結果を出したいと、皆が一生懸命です。その中で、出なかったのだから仕方ない。

私はこうやって、受け入れられるようになりました。

 

・自分を責めることをやめよう

結果が出なかったあと、悔しかったり悲しい気持ちになっているときに反省すると、自分を責めてしまいがち。こんなに練習したのに、できないなんて、、、才能がないからだ。とか、頭がよくないから。とか、人間としての根本を責めてしまうことがある。

これは本当に疲れる上、上達もできません。

気持ちが落ち着いたあと、自分は何が欠けていて、どうすれば受かる要素があったのか、考えて上達する方に、力を注ごう。 この思考に気づいてから、冷静に、判断できるようになりました。

→補足記事 自分に厳しいことと自分を責めることは違う!?

・他の要素を責めることをやめよう

競争は何事も相手や、他人がいる。その要素を責めてしまうと、相手を過小評価してしまったり、結果自分の反省が冷静にできなかったりする。また、無駄なエネルギーを使ってしまう。本当に、自分は非の打ちどころはなかったのか(そんなことはまずないはず)、どこか隙はなかったか。それを考え抜いた後は、運も実力のうち、とポジティブになれる。 それが上達につながるはず!

・無理にポジティブになることをやめよう

うまくいかなかったこと自体、脳は自然と忘れたいと思っているはずです。でも、これを、「自分はもっとできるはず!」「次はできるようになる!」とがむしゃらにポジティブにもっていくと、いつまでたっても、何故か、忘れない。ずっと傷を負ってしまう。 傷ついて、落ち込んでいい。その時は、その気分に浸り、責めることなく、素直に暗い気分になった方が、いいのかなと思います。

 

 

長い間、うまくいかなかったことがたくさんあって、苦労したこともたくさんあったけれど、諦めずに進んできたそのお陰で、沢山の出会いがありました。

数々の失敗も、ものともせず、諦めなくて本当によかったと思います。

以前ピアニストの田村響氏にインタビューした時にも、おっしゃっていたこの記事も、ぜひ見てほしいと思います!私が作ったサイトです。自分のために、よく読んでおります。>田村響さんインタビュー

 

失敗は、伸びるチャンス!

挑戦できる限り、し続けましょう~!

ではまた!かきます♪

 

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA