DUO GRANDE(デュオ・グランデ)上敷領藍子/朴梨恵

Pocket

▶予定などこちらへどうぞ

2019年4月よりヴァイオリニスト上敷領藍子さんと2年間京都コンサートホール主催「Join us ! キョウト・ミュージック・アウトリーチ」第1期登録アーティストとして参加させて頂くことになりました。

2019年度は 京都の私立の小学校を中心に、音楽の魅力を伝えていきます。


朝日新聞に載せていただいています。

どんなプログラムを作るか、どういう風に提供すると子供が楽しいか。ヴァイオリンとヴィオラ、もしくはヴァイオリン2台のみ!その多様な可能性を探っています。

ヴァイオリニスト・上敷領藍子

藍子さんとは幼少の頃同じ門下(田渕洋子先生)で、同い年です。当時私は中学校2年で、その門下に入らせていただいたのですが、ヴァイオリニストの日下紗矢子さん、Quartet Berlin Tokyoの守屋剛志さん、他たくさんの優秀なヴァイオリニストがいらっしゃいました。もちろん同級生の藍子ちゃんもめちゃくちゃ優秀。発表会では、ヴァイオリンの基礎となるスケール(音階)や練習曲も披露するのですが、それがまた皆さん美しく。それが何より最初、衝撃でした。憧れる人がたくさんいて、発表会には沢山ビデオを撮ってもらい、皆さんの演奏を何度も聞いて「すごいな~」と思っていました。藍子さんとは、その後高校、大学と違う学校に進みましたが留学時期が同じだったこと、留学経験を経て帰ってきた事。東京と関西をベースにフリーランスとして色んな活動をしていること。親同士がとても仲良くさせていただいていること。。!とにかくたくさんの関わりがあって、このデュオ結成することとなりました。

ピアニスト須関裕子さんとともに

たまに、ピアノのない所で、なるべく小編成で(経済的に)、、なんて演奏を頼まれる事も多いので、このデュオでレパートリーを沢山作って、色んなところに弾きに行くのが今から楽しみです。

録音していただいたバルトークの二重奏。またまたかっこいい動画を作ってくださったのは、クラリネット奏者のコハーンさん(インタビュー記事)です。

Join us ! キョウト・ミュージック・アウトリーチ

4月某日、京都コンサートホールにてその研修会があり、アドバイザーの方や経験者の方、コンサートホールの方と意見を聞き、アドバイスをいただく機会がありました。自分たちがどうして、このことを伝えたいのか。この曲を共有したいのか。何を話すのか。そういったことまで深く考えるいい機会でした!更なる発展と密度の濃いアンサンブルを目指し、二人で精進していきたいと思っています♪

2020年3月1日には ピアニスト田中咲絵さん、ヴァイオリニストの石上真由子さんとDUO GRANDEのジョイントコンサート(一般公開)も予定されています。

また追ってお知らせさせて頂きます♪

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA